不妊症の改善に効果が高いといわれているルイボスティー。
実は女性だけでなく、妊活をしている男性にも様々な効能があるんです。
この記事では、男性不妊にルイボスティーがどのような効果があるのかお伝えしていきます!

亜鉛不足を解消

男性不妊の大きな原因の一つとして、亜鉛不足が挙げられます。

亜鉛は精液の中に含まれており、精子の運動能力や生成に大きく関わっています。
亜鉛が不足してしまうと精子の生成量が少なくなるばかりか、性欲自体も少なくなってしまう、という研究データもあるのです。

成人男性は1日に12mgの亜鉛摂取が推奨されていますが、平成24年の国民栄養調査では8.9mgしか摂取できていません。

ルイボスティーには亜鉛が豊富に含まれているため、精子の量や運動力の回復効果があります。
亜鉛は牡蠣、レバー、牛肉などの食材に多く含まれていますが、意識して摂取するのは意外に大変ですよね。
ルイボスティーであれば水代わりに気軽に飲めますので、毎日簡単に亜鉛を摂取することができます。

精子の質を抗酸化作用で高める


ルイボスティーには、SOD酵素と呼ばれる成分が含まれています。
この酵素は細胞をさびつかせ、老化させてしまう活性酸素を除去してくれる働きを持っています。

活性酸素は、ある程度の量であれば細胞を守ってくれるのですが、増えすぎると体に害をもたらすようになります。
酸化力が強すぎるため精子の遺伝情報を傷つけ、運動率を低下させ妊娠する力を弱めてしまうのです。
精子の劣化を防止し男性不妊を改善するためには、抗酸化物質を多く摂取することはとても重要なことなのです。

精子形成の過程は約70日と言われており、質を改善するにはある程度の時間がかかります。
「精子の運動率が悪い」、「精子自体に奇形が多い」などの異常があったら、1日でも早くルイボスティーを始めてみましょう。

ルイボスティーで男性不妊を克服しよう!


いかがでしたか。
この記事では、ルイボスティーがもつ男性不妊解消の効果をお伝えしました。
水分補給の代わりとして、1日1杯のルイボスティーから始めても構いません。
ぜひ、男性も女性も一緒に「妊娠しやすい体づくり」に取り組んでいただけたらと思います。